ご利用料金

料金

ご利用料は、児童福祉法に基づく放課後等デイサービス事業の法定利用料に準じております。
利用料金(主な給付費)

料金

ご利用料は、児童福祉法に基づく放課後等デイサービス事業の法定利用料に準じております。
利用料金(主な給付費)

学校終了日

1日につき473単位

学校休業日

1日につき611単位

児童発達支援管理責任者専用加算

1日につき205単位

 

児童発達支援管理責任者を専任で配置しているものとして都道府県知事に届け出た指定放課後等デイサービス事業所(指定通所基準第66条第1項に規定する指定放課後等デイサービス事業所をいう。以下同じ。)において指定放課後等デイサービスを行った場合又は別に厚生労働大臣が定める施設基準に適合するものとして市町村長に届け出た基準該当放課後等デイサービス事業所において基準該当放課後等デイサービスを行った場合に、1日につき次に掲げる単位数を所定単位数に加算。

指導員加配加算

1日につき183単位

 

常時見守りが必要な就学児等への支援や就学児等の保護者に対する支援方法の指導を行う等支援の強化を図るために、放課後等デイサービス給付費の算定に必要となる従業者の員数に加え、指導員又は保育士を1以上配置しているものとして都道府県知事に届け出た指定放課後等デイサービス事業所において、指定放課後等デイサービスを行った場合に、利用定員に応じ、1日につき次に掲げる単位数を所定単位数に加算。

福祉専門職員配置等加算Ⅲ

1日につき6単位

利用者負担上限額管理加算
※但し、月4回を限度

1月につき150単位

欠席時対応加算
※但し、月4回を限度

1回につき94単位

送迎加算

片道につき54単位

 

就学児等に対して、その居宅又は就学児等が通学している学校と指定放課後等デイサービス事業所等との間の送迎を行った場合に、片道につき所定単位数を加算。

 

 

利用料金

(1)障害児通所給付費支給対象サービスに係る利用者負担額

 区市町村が定める利用者負担上限月額(サービスに要した総費用額の1割相当額が低い場合には、低い方の額)となります。
 なお、サービス提供に要する額として、事業者が保護者に代わり区市町村から受領した障害児通所給付額の額については、書面にて保護者様にその都度通知します。

 

1単位の単価は、当該地域加算10.78%を乗じた金額となります。
例:授業終了日473単位×10.78%=5098円   利用者負担額⇒509円
(この金額に、送迎加算、おやつ代などが加算されます)

(2)利用者自己負担によるサービスについて

おやつ代・・・1食あたり100円
※このほか、利用者の事情により必要となる嗜好品等は、実費をいただきます。

 

その他・・・創作活動等にかかる材料の実費

(3)欠席時の対応について

 急病等により、利用を予定していた日の前々日、前日、又は当日に欠席の連絡を頂いた場合について、電話等により利用児童の状況を確認し、次回の利用の相談援助を行い、その内容を記録した場合は、欠席時対応加算を算定させていただきます。
例:木曜日が利用予定の場合
月曜日に連絡を頂ければ欠席時対応加算外ですが火曜日以降は対象となります。


Copyright(C) アニマートたまプラーザ. All Rights Reserved.